Microsoft 365

Azure AD

Microsoft Entra ID Governance (IGA) で権限管理を強化したい – ID ガバナンス機能を有効化しよう

Identity Governance and Administration (IGA) とは、複数のアプリケーションとサービスにわたって ID とアクセス権を管理することです。Microsoft Entra ID Governance を利用することで、接続する様々なリソースに対して、適切なユーザーが適切なアクセス権を適切な時間保持できるようになり、生産性とセキュリティのバランスを保つことができます。
E5 セキュリティ

Microsoft Purview SharePoint (OneDrive) DLP で機密情報を含むドキュメントの外部共有を防ごう

Microsoft Purview を使用して、SharePoint Online や OneDrive に保存された機密情報を含むドキュメントの外部共有を制限する方法について紹介します。機密情報の種類 (SIT) を正規表現で定義し、それに一致する内容を含むドキュメントをデータ損失防止 (DLP) の対象とします。
Microsoft 365

Microsoft Purview 情報保護を使って推奨させる秘密度ラベルを設定しよう

機密情報を適切に管理するために、極秘情報を含むドキュメントには適切な秘密度ラベルを付けることが重要です。これにより、誤って情報を共有するリスクを最小限に抑えることができます。極秘情報を含むドキュメントには、推奨される秘密度ラベルのヒントを出すことによって、適切な秘密度ラベルを付与させる効果があります。
Microsoft 365

Microsoft Purview Endpoint DLP を活用して USB メモリを使った機密情報の持ち出しを防ごう

Microsoft Purview の機能の一つ、エンドポイントデータ損失防止 (Endpoint DLP) を活用して、USB メモリを使った機密情報の持ち出しを防ぐ方法を紹介します。Endpoint DLP を活用することで機密情報の種類や秘密度ラベルの有無に応じて、データの移動制御が可能です。
E5 セキュリティ

【Microsoft 365 E5 と E3 の違い】M365 E5 にできて M365 E3 にはできないこと

Microsoft 365 E5 と E3 の違いと題して、ライセンスベースで M365 E5 にはできて M365 E3 にはできないことをまとめました。Microsoft Entra ID から Microsoft 365 Defender, Microsoft Purview の範囲で主要的な機能について調査しました。
Microsoft 365

SharePoint でコミュニケーションサイトを作成したい vol.2 – ヒーローのカスタマイズを開始しよう

SharePoint でコミュニケーションサイトを作成したいと題して、今回はヒーローのカスタマイズを紹介します。ヒーローとは、SharePoint の Web パーツの一種で、ページに画像やリンクをタイル形式で表示する機能です。最大 5 つのアイテムを表示し、それぞれに背景画像やボタンの大きさなどのデザインを設定できます。
Microsoft 365

SharePoint でコミュニケーションサイトを作成したい vol.1 – サイトを新規作成しサイト名とロゴを変更しよう

SharePoint でコミュニケーションサイトを作成したいと題して、今回はサイトを新規作成する手順とサイト名・サイトロゴを変更する手順について紹介したいと思います。SharePoint は組織内部向けのサイトを提供するもので、視聴者を引き付け、提供する情報を共有するのがコミュニケーションサイトの役割となっています。
Microsoft 365

Microsoft 365 (Office 365) を使って PPAP 代替案となるメールセキュリティを実装しよう

Microsoft 365 (Office 365) で提供されているメールフロールールを利用して、添付ファイルを含むメールメッセージ全体を暗号化する方法を紹介します。外部組織や外部ユーザーに対するメールメッセージを PPAP を使わずに、代替案としてメールメッセージを自動的に暗号化します。