Azure AD

Microsoft Entra ID Governance (IGA) で権限管理を強化したい – ID ガバナンス機能を有効化しよう

Identity Governance and Administration (IGA) とは、複数のアプリケーションとサービスにわたって ID とアクセス権を管理することです。Microsoft Entra ID Governance を利用することで、接続する様々なリソースに対して、適切なユーザーが適切なアクセス権を適切な時間保持できるようになり、生産性とセキュリティのバランスを保つことができます。
E5 セキュリティ

Microsoft Purview SharePoint (OneDrive) DLP で機密情報を含むドキュメントの外部共有を防ごう

Microsoft Purview を使用して、SharePoint Online や OneDrive に保存された機密情報を含むドキュメントの外部共有を制限する方法について紹介します。機密情報の種類 (SIT) を正規表現で定義し、それに一致する内容を含むドキュメントをデータ損失防止 (DLP) の対象とします。
Azure

Microsoft Entra Verified ID (検証済み ID) を導入してみよう

Microsoft Entra Verified ID は、Microsoft Entra ID を利用した分散化 ID システムで、個人情報のセキュリティとプライバシーを保護しながら、身元確認を容易に構築するソリューションです。本人情報の検証をデジタルで行うため、信頼できるセルフサービスでの登録とすばやいオンボーディングが可能です。
Rust

Rust プログラミングで Windows のレジストリの値を取得してみよう

Windows API (Windows Application Programming Interface) を Rust プログラミングで呼び出すことで、レジストリの値を取得することができます。winreg クレートを使用して、レジストリキーを開いて値を読み取ることができます。
Rust

Rust プログラミングで Windows のダイアログボックスを表示されるプログラムを実装してみよう

Rust プログラミング初心者のために、Windows のダイアログボックスを表示させる方法を簡単に紹介します。Rust は高速で安全性の高いプログラミング言語であり、Windows 環境での開発もサポートされています。Rust を Windows で使うために、まずは Rust をインストールしましょう。
Microsoft 365

Microsoft Purview 情報保護を使って推奨させる秘密度ラベルを設定しよう

機密情報を適切に管理するために、極秘情報を含むドキュメントには適切な秘密度ラベルを付けることが重要です。これにより、誤って情報を共有するリスクを最小限に抑えることができます。極秘情報を含むドキュメントには、推奨される秘密度ラベルのヒントを出すことによって、適切な秘密度ラベルを付与させる効果があります。
Azure

Microsoft Entra ID で TAP を構成してパスワードレス MFA を実装してみよう

条件付きアクセス制御では、カスタムの認証強度を作成することができます。今回は、一時アクセスパス (TAP) を含めたパスワードレス認証について紹介します。管理者が一時アクセスパスを発行し、Microsoft Authenticator を使った電話によるサインインを構成することにより、利便性と安全性が高まります。
Microsoft 365

Microsoft Purview Endpoint DLP を活用して USB メモリを使った機密情報の持ち出しを防ごう

Microsoft Purview の機能の一つ、エンドポイントデータ損失防止 (Endpoint DLP) を活用して、USB メモリを使った機密情報の持ち出しを防ぐ方法を紹介します。Endpoint DLP を活用することで機密情報の種類や秘密度ラベルの有無に応じて、データの移動制御が可能です。